処分

こんな方が依頼されます。

分別が複雑で自分ではできない
賃貸物件で退去の期限が迫っている
男手がなく大きな荷物が搬出できない
忙しくて分別処分の時間がない
高齢で自分で片付けや搬出ができない
葬儀の後、すぐに職場に戻り仕事をしなければならない
葬儀の後、気持ちの整理がつかないので思い切って業者に任せたい
お住まいが遠方のため、何度も足を運べない

引越・大掃除・模様替えなどで出る不用品

引越では自分でも思いもよらない程のごみが大量に出る物です。
退去の期限が迫る中、荷造りに不用品処分までとなると手間と時間がかかります。
引っ越し先に持って出る物だけ荷造りし、不用品は空いた場所にどんどん積み上げておくだけでOK!
適正に分別し、袋詰め等は当社スタッフが責任もってさせて頂きます。

大掃除や今流行の断捨離など、まとめて不用品が出る場合から、
模様替えで不要になった一点だけの不用品など、
家庭やオフィスから不用品が出る機会は非常に多いです。
自分で分別し処理するのが一番安上がりではありますが、
時間と手間をかけられない方は是非一度相談してみてほしいと思います。

閉店・廃業で出る不用品

オフィス家具や厨房用品など大型の不用品はもちろん、
使用していた細々とした不用品まで全てお任せください。
閉店・廃業時のまま何もせず置いておいて下さい。
当社スタッフが分別処理を全てさせて頂きます。
買取できる物はリサイクルし、どうしても再販できない物のみ処分しますので、
リサイクルショップと処分業者とにそれぞれ依頼する手間も省けます。
見積りは無料です。ぜひ一度ご相談下さい。

老前整理

老いてからの自らの生活を念頭に、老いる前に身辺を見直して、今後の生活にいらない物を整理することを「老前整理」と言います。
高齢になればなるほど整理はおっくうになります。
また、整理したい気持ちはあるけども体力的に難しくなってくるのも事実です。
片づけられずモノに囲まれて暮らすか、思い切って整理に取り組み生き生きとした暮らしをするか・・・
老後に快適な生活を送るために「老前整理」してみてはどうでしょうか?

生前整理

自分の他界した後に残された方が困ったり、争ったりしないよう、財産や、住空間を整理することを「生前整理」と言います。
家族と別々に暮らしていたり、単身の方が多い現代社会で、自分が他界した後、財産や、身の回りの物たちはどうしたらいいのだろうか・・・とお悩みになる方が最近は増えています。
また、施設に入居することになり、身の回りの整理をしたいと考える方も多くおられます。
遺品整理は財産の分配等と同様に、長い時間と大きな手間がかかるためご遺族様に大きな負担がかかることも多くあります。気懸かりなく今後の生活を送るために「生前整理」してみてはどうでしょうか?

遺品整理

「あれもやらなければ・・・これも片づけなければ・・・」
ご遺族様にはしなければならない事が次々と起こります。
葬儀はもちろんご遺品の整理もご遺族様には大変な重労働になります。
処分方法や処分の場所もそれぞれ異なり、個人での遺品整理は手間と知識が必要ですが、故人様の残した大切な思い出の品を整理することは、
ご遺族様の気持ちの整理をするためにとても大切なことです。

行う時期

いつまでにしなければならないという決まりは無いですが、一般的には法要のおちつく49日以降が目安となります。
本来であれば、ゆっくり時間をかけて整理したいものですが、
急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはなないような場合は、葬儀などの法要が終わって直ぐ
遺品整理にとりかからなければならないことも多いです。

迷っている状態では処分しない

ご家族様と話し合いができていない物や、処分するか迷っている物は、
処分しないで残しておいたほうが良いです。
なくなった悲しみや、急いで整理しているときなどは正しい判断ができない事もあります。
はっきりと判断できた後での処分をしましょう。

写真や日記、手帳、預金通帳は残しておきましょう

写真や日記などの品は、日をおいてゆっくり故人様との日々を思うときにとても暖かな気持ちにさせてくれる大切なお品です。
また、手帳は個人様と交流のあった方と連絡を取りたい場合に必要ですし、
預金通帳は亡くなった後でも必要な場合が多くあります。

急いで整理しなければならない場合や、自分では気持ちの整理がつかないため思い切って業者に任せたい場合など、ご遺族様に代わって丁寧に整理させて頂き、お写真や日記、手帳、預金通帳などが出てきた場合はまとめてお渡しします。
遺品整理は最後のお別れの場です。ご遺族様が気持ちの整理をされるお手伝いができればと思います。

PAGETOP